記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喉の違和感 「喉頭ファイバー検査」を受けてみました

先日、喉の違和感にかんして、耳鼻咽喉科に診察に行ってきました。

症状
 1年半くらい前から、喉の奥に違和感(異物感、タダレ感)がある。
 1年前の健康診断での胃カメラ時に、喉も見てもらったが異常なし。
 鼻からファイバー入れてみないと見えない部分なのかな?とか思っていた。
 ここ1年は症状は変わらず。
 喉、上腕、肩、腋の下のあたりが、どうも「しこる」。
 喉にがんができてて、広がったりしていないか?とちょっと心配。

喉頭ファイバー検査
 診察は右の鼻の穴から釣り糸のようなファイバーを入れられて、
 「あーーと声出してください」、「ほっぺを膨らませてください」
 とか言われて診察された。
 痛さはなく、喉に魚の骨が引っ掛かったような感じでした。

診察の結果は、「特に異常なし」でした。
とりあえず一安心。

胃酸の逆流傾向があるのでは?とか言われた。
1年前の胃カメラもOKだったし、そのような自覚症状もないが。

 http://www.akasaka-medicalcare.com/lp03/

 逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流することにより、食道が炎症を起こし、
 胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。近年、
 患者さんが増えていますが、ちょっと調子が悪いだけだと、市販薬で一時的
 に症状を緩和して治ったと思っている人も多いようです。
 
 食道は口から入れた食物を胃に送るための一方通行の器官です。
 胃では酸性度の強い胃酸を含む胃液が分泌されていますが、
 胃には酸から粘膜を守る防御機能が働いているため、
 胃酸によって通常は炎症を起こすことはありません。
 
 しかし食道にはこの防御機能がないため、何らかの原因で胃酸が食道に逆流し、
 とどまってしまうと、食道は胃酸にさらされて炎症を起こしてしまいます。
 
 この、胃から食道への胃酸の逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、
 胸やけや呑酸、胸の痛みなどさまざまな不快な症状が生じる、これが逆流性食道炎です。

診察料
 初診料 282
 喉頭ファイバー 600
 ==> (282+600)*0.30 = 264.60 => 2650円

そろそろ詳細な人間ドックでもしたいな。。





(*) 咽頭 & 喉頭
 咽頭(いんとう、Pharynx) 消化管の前部で口腔と食道の中間
 喉頭(こうとう、larynx) 咽頭と気管の狭間で、舌骨より下にあり気管より上にある、
              頸部中央に一つ存在する器官

 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1321733858

 のどは咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)からなり、鼻の奥から声帯のすぐ下までを指します。

 いんとう【咽頭】
 口腔(こうこう)、鼻腔および食道の間の筋肉性の袋状の管。
 呼吸・嚥下(えんげ)・発声などの作用をします。
 字のイメージから「のどちんこ」かとも思いますが、
 違います。扁桃腺はこの部分が腫れます。
 気管と食道が分かれる手前までを言います。

 こうとう【喉頭】
 呼吸器の一部。上方は咽頭(いんとう)、
 下方は気管に連なる部分。軟骨に囲まれており、声帯があります。
 通常、気管内部(声帯付近)を言います

(*) 咽頭がん (いんとうがん)
 咽頭がんは 上咽頭じょういんとうがん、 中咽頭ちゅういんとうがん、 下咽頭かいんとうがんと
 に分かれます。解剖学的には上咽頭は鼻の突き当たりで、上方は頭蓋骨、上外側は眼があり、
 外側には 耳管咽頭孔じかんいんとうこうがあり、前方は鼻腔になります。上咽頭がんでは
 頸部けいぶリンパ節転移も多く、多様な症状を示します。

(*) 喉頭がん (こうとうがん)
 主に声帯に発生するがん。早期発見で声を失わずに治癒できる
 高齢の男性で喫煙と飲酒歴の長い人はハイリスク。声がれやのどの違和感が続くときは一度検査を

 喉頭がんの検査
 http://health.goo.ne.jp/column/cancer/c001/0019.html


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。